株式会社三陽プラント建設

WWW.sanyo-plant.co.jp



ごあいさつ
代表取締役社長  森本 憲司
代表取締役社長
森本 憲司

三陽プラント建設は、
総合技術力で産業社会に貢献します。


三陽プラント建設は、その名のとおり様々なプラント設備の建設を手がける会社です。

 三陽プラント建設は、超高電圧変電所から一般需要家特高変電所、上・下水水処理関連設備から鉄鋼・石油関連プラント設備、それに鉄道自動ホーム柵設備等に至るまのであらゆる設備の電気的な面・機械的な面に携わっている会社です。プラント設備というのはいろいろな機器の集合体。私たちは、こうした機器を的確に結びつけて、プラント設備全体の性能が最高に発揮される様に日々努力しております。コンピュータでいえば、機器と機器のインタフェースをできるだけスムースにする、システム・エンジニアと言ったところです。

 そこには、深く、しかも幅広い技術が要求されます。電気的に、機械的に、省力化が徹底して追及される今日では高度な制御技術等もマスターしなければなりません。また、プラント設備を工期どおりに完成させるためには、人員の配分、工程管理等プロジェクト遂行のための技術も必要です。私たちの仕事には、専門的な知識・技術に加えて、今までの経験によって習得されたノウハウが欠かせないのです。

 三陽プラント建設にとって、一番の財産は、プロジェクトを任せる事のできる人材です。会社として、人材育成にはできる限りの投資を行い、高度な技術レベルを常に維持すると共に新しい技術にも対応出来る様に努めてきました。確かな技術力があれば、そこには、自ずと仕事が集まってきます。三陽プラント建設の経営基本は、会社とお客様との「信頼」、そして、会社と社員・協力会社との「信頼」です。会社の発展は、社員・協力会社の絶大なる協力・努力の賜物であり、その結果を、社員を始め皆様の豊かな暮らしに還元しなければならない事を念頭に舵取りを続けて行きます。これからの将来も三陽プラント建設は、人材を大切にし、社会に貢献出来る企業を目指します。